3ヶ月以内の発毛率95%

主な脱毛症

脱毛の症状は多種に上りますが、代表的な脱毛症は下記の通りです。

AGA(男性型脱毛症)

後天性脱毛症の中でも最も多いタイプです。思春期以降、早い人で20歳頃より始まり、1日の抜け毛が100本以上あり、その後生えてきた毛が細い軟毛になり、薄毛になっていく症状です。前額両角部より頭頂部に向かい進行していく脱毛が見られ、その後前頭部の軟毛化が同時進行していく。硬く密集していた毛も時間とともに太く硬い毛が少なくなり、細い軟毛になり、透けて見えるようになります。

円形脱毛症(単発、悪性、びまん性)

頭の一箇所、又は数カ所に円形又は楕円形の脱毛巣を作るものと、頭全体がスダレのようになってしまう、びまん性円形脱毛症があります。円形脱毛症の人の特徴として、神経質な人が多く自律神経失調の特徴に似た症状を持っている人が多くみられます。放置してそのままにしていても自然に治まる場合と、悪化の一途を辿る深刻な事態の人も意外と多いです。
脂漏性脱毛症
ホルモンや遺伝的素因などの原因により、皮脂が過剰に生産されたとき皮脂が皮膚表面に順調に排泄されていれば問題は少ないのですが、毛穴にフケや汚れがたまり、毛の内に皮脂が溜まるとフケが増え、痒くなり頭皮に炎症が起こり、同時に毛を支えている固着力が低下し脱毛が始まります。どちらかというと頭髪の多い人に多くみられます
ハミルトンノーウッドの分類
男性型脱毛症のプロセスを分類したものです。薄毛の進行度を判定する指標として用いられ、T型〜Z型まで、数字が大きくなるほど進行している事を示しています。
ハミルトンノーウッド1型 抜け毛は増えているが、再生が追いついている。
既に脱毛が始まっているが、気か付かないレベル。
ハミルトンノーウッド2型 前額部が少し後退し、薄くなったと実感し始める時期。
抜け毛の量が増え、前頭部の密度が減っている。
ハミルトンノーウッド3型 前額部の後退が進み、局所的に地肌が露出している場合もある。
進行が一時的にここで停滞する場合が多い。
ハミルトンノーウッド4型 前額部の後退が更に進み、頭頂部まで薄毛が続いている。
髪全体のボリュームも少なくなり、局所的に地肌が見え始める。
ハミルトンノーウッド5型 前額部のと頭頂部が、まばらな毛髪はあるものの、地肌の露出部分がつながり始める。
ハミルトンノーウッド6型 正面から頭頂部にかけて、肌の露出は激しくなる。さらに横、後ろへと進行している。
ハミルトンノーウッド7型 わずかに髪が残っている状態。毛母細胞が死んでいる場合が多く、発毛は非常に困難になる。
貴方はどの分類に入りますか。Ⅰ型でも結構気にする人がいますが、少し抜け毛が多いくらいで、通常は気づかない人の方が多いようです。
Ⅱ型では気にしない人は殆どなく、特に年齢の低い人にとっては深刻な状況です。
Ⅲ型、Ⅳ型では、常に人の視線が気になるようになり、カツラや増毛の使用者が多くなります。脱毛の進行は早く、数年でX型に進行します。
Ⅴ型、Ⅵ型になると、通常は発毛も難しい状況ですが、ドクターオズでは、特に問題とせず発毛が可能です。
Ⅶ型ともなると一昔前は、発毛したら奇跡と言われていましたが、オズにお任せ下さい。
東京新宿院
東京都新宿区
新宿3-11-9
花菱ビル9F
TEL:03-5379-1331
新宿院へ問合せ
新潟院
新潟市中央区
万代1-2-3
コープ野村万代2F
TEL:025-245-3651
新潟院へ問合せ
大阪梅田院
大阪市北区
曾根崎2-1-12
国道ビル4F
TEL:06-6316-0171
梅田院へ問合せ
名古屋院
名古屋市中村区
名駅3-20-20
綿ビル2F
TEL:052-581-2228
名古屋院へ問合せ
大宮院
さいたま市大宮区
桜木2-192
岡田ビル5F
TEL:048-631-3870
大宮院へ問合せ